for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏の移民歓迎発言、ノルウェーからは否定的反応

 1月12日、トランプ米大統領が議員らとの会合で11日、ハイチやアフリカ諸国など「不潔極まる国々」からの移民よりもノルウェーからの移民を受け入れるべきとの発言を行ったのに対し、ノルウェーからは「遠慮しておく」と拒否する反応が相次いでいる。写真は昨年5月撮影(2018年 ロイター/Ints Kalnins)

[オスロ 12日 ロイター] - トランプ米大統領が11日、議員らとの会合で、ハイチやアフリカ諸国など「不潔極まる国々」からの移民よりもノルウェーからの移民を受け入れるべきとの発言を行ったのに対し、ノルウェーからは拒否する反応が相次いでいる。

大統領の発言に対し、ノルウェーの与党保守党所属の政治家Torbjoern Saetre氏は12日、「ノルウェー国民を代表して。ありがとう、でも遠慮しておく」とツイートした。

大統領の発言は不適切で人種差別的として米国を非難する投稿も相次いだ。ある女性は「私たちは(米国には)行かない。ノルウェーから挨拶を送るわ」と記した。

19世紀にはノルウェーから米国に数万人が移住したが、2016年に移住したのは530万人の人口のうちわずか502人で、前年から59人減っている。

ノルウェーは国民1人あたりの国内総生産(GDP)が高く、昨年の国連の幸福度ランキングでは「世界で最も幸福な国」とされた。豊富な石油や天然ガス資源により、ゆりかごから墓場まで福祉が整った国でもある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up