April 5, 2019 / 3:08 PM / 2 months ago

ノルウェー政府系ファンド、10新興国債券を削減へ 日本除外せず

[オスロ 5日 ロイター] - ノルウェー財務省は5日、政府系ファンド(SWF)政府年金基金グローバルの3000億ドル規模の債券ポートフォリオ見直しで、メキシコなど10種類の新興市場国を外すよう提言した。日本やデンマーク、スウェーデン、スイス、カナダ、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、香港の債券は外されなかった。

政府年金基金グローバルはSWFとしては世界最大。

基金のデータを基にロイターが試算したところ、昨年末時点の総価値が170億ドルの政府債や社債に影響するとみられる。

これらはチリ(3億6200万ドル)、チェコ(5000万ドル)、ハンガリー(6300万ドル)、イスラエル(1億1700万ドル)、マレーシア(19億ドル)、メキシコ(57億ドル)、ポーランド(10億5000万ドル)、ロシア(12億ドル)、韓国(63億ドル)、タイ(2億4100万ドル)。

財務省は「政府債の国別の配分調整と併せて、提案した変更は基金の取引コスト低下につながる」と指摘した。

ファンドマネジャーがベンチマーク指数を受動的に追うのでなく、積極的な投資を望めば、ファンドが新興市場の債券を購入することは引き続き可能だが、こうした債券は債券ポートフォリオの5%が上限となる。

政府年金基金グローバルの価値は現時点で1兆0500億ドルとされ、投資資産の約3割が債券。7割を占める株式投資は今回の方針で影響を受けない。

基金を運用するノルウェー中銀は2017年、構成通貨のうち円など20種類を外し、ドル、ユーロ、ポンドのみとするよう提言していた。

再生可能エネルギーの投資マンデートが1200億クローネ(140億ドル)相当と2倍の規模にし、風力や太陽光プラントなど非上場の再生可能インフラ事業への投資を認める。

売上高や活動の3割以上を燃料炭が占める投資企業を除外するルール強化も提案した。

基金の倫理指針を見直す委員会も設立し、基金はたばこや核兵器、クラスター兵器を製造する企業に投資できないようにする。

提言は議会の同意が必要で、6月に可決する見通しだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below