May 9, 2019 / 10:29 AM / 10 days ago

ノルウェー中銀、政策金利を据え置き 来月利上げの公算

[オスロ 9日 ロイター] - ノルウェー中央銀行は9日、政策金利を予想通り1.00%に据え置くとともに、来月利上げを実施する公算が最も大きいと表明した。

ロイター調査では、エコノミスト26人全員が据え置きを予想していた。

中銀は3月、半年以内に利上げする公算が最も大きく、6月の利上げの可能性が最も高いと表明していた。

中銀のオルセン総裁は「理事会が現在判断する見通しとリスクバランスでは、政策金利は6月に引き上げられる可能性が最も高い」と表明した。

ノルデア・マーケッツはリポートで「中銀は6月(の利上げ)を明確に示唆した」と指摘した。

中銀の発表を受け、ノルウェークローネは一時急伸。対ユーロEURNOK=D3では0.4%上昇し、1ユーロ=9.7740クローネ。対ドルNOK=D3でも0.4%上昇し、1ドル=8.7410クローネまで値上がりした。その後は伸び悩む展開となっている。

ノルウェー中銀は昨年9月に利上げを開始。利上げは次回で3度目となる。

米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)など多くの中銀は、経済見通しの不透明感を背景に金利を据え置いており、利上げを進めている中銀は少数派だ。

米中貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱などが、景気の先行き不透明感を強める要因となっている。

ノルウェー中銀は「見通しとリスクバランスは、引き続き緩やかな利上げを示唆している。海外の不透明感は根強い。ノルウェーでは、設備稼働率が予想通り広範に上昇しているようだ。インフレ率は予想をやや上回っている」と指摘した。

議会の公聴会に出席した中銀のオルセン総裁は記者団に、金利の見通しは政策金利を変更するという公約ではないと発言。中銀が今年、6月以降に追加利上げを実施するかについてはコメントを控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below