November 20, 2014 / 4:27 PM / 6 years ago

米フィラデルフィア連銀業況指数、11月は約21年ぶり高水準

11月20日、11月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数は40.8と、約21年ぶりの高水準となった。写真は2013年2月、ピッツバーグ近郊のハインツの旧工場(2014年 ロイター/Jason Cohn)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀は20日、11月の製造業業況指数(ゼロが拡大・縮小の分岐点)を発表した。

*11月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数は40.8と、前月の20.7から急上昇し、1993年12月以来、約21年ぶりの高水準となった。

*市場予想の18.3も倍以上、上回った。

*従業員数指数は22.4と、前月の12.1から上昇し、2011年5月以来の高水準に達した。

*新規受注指数も17.3から35.7に上昇し、1988年10月以来の高水準をつけた。

*6カ月先の業況予測は57.7。前月は54.5だった。

*支払価格指数は17.3と、前月の27.6から低下した。

*設備投資6カ月予測は23.0。前月は18.9。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below