for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノバルティス、第4四半期売上高と中核純利益が予想に届かず

[チューリヒ 26日 ロイター] - スイスの製薬大手、ノバルティスが26日に発表した2020年第4・四半期決算は、売上高と中核純利益がアナリスト予想を下回った。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行で、眼・皮膚の治療薬や、ジェネリック医薬品事業部門サンドなどに影響が出た。

第4・四半期の中核純利益は、為替変動の影響を除いたベースで3%増の30億3000万ドル。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の31億5000万ドルに届かなかった。売上高は1%増の127億7000万ドルとなり、予想の128億8000万ドルを下回った。

ノバルティスは、欧米などでのロックダウン(都市封鎖)を受けて一部の患者が医療機関の受診を控えたことから、売上高が下振れたとしている。

中国事業の売上高は14%増の6億5900万ドル。ノバルティスは、中国売上高は2024年までに19年比で倍になると予想している。

ノバルティスは配当について、1.7%増の1株当たり3スイスフランを提示。今年に関しては、純売上高の伸び率が1ケタ台前半から半ばと予想、中核営業利益は1桁台半ばの伸びを見込んだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up