October 29, 2019 / 2:45 AM / 16 days ago

東電による東海第2原発への資金支援「経営陣の裁量」=梶山経産相

 10月29日、梶山弘志経済産業相(写真)は閣議後記者会見で、東京電力ホールディングスが再稼動を目指す日本原子力発電の東海第2原発に対する資金支援を決めたことについて「経営陣の裁量で行われるべき」と述べ、廃炉や賠償に支障を来さない限り、問題ないとの認識を示した。25日に都内で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 梶山弘志経済産業相は29日の閣議後記者会見で、東京電力ホールディングス(9501.T)が再稼動を目指す日本原子力発電の東海第2原発に対する資金支援を決めたことについて「経営陣の裁量で行われるべき」と述べ、廃炉や賠償に支障を来さない限り、問題ないとの認識を示した。

原子力損害賠償・廃炉等支援機構による東電への資金交付などは、賠償や廃炉、安定供給の責任を貫徹させるために行っているものと説明。そのうえで「これに支障がない限り、個別の経営判断は経営陣の裁量で行われるべき」と述べた。

東電は28日の取締役会で、東海第2原発への安全対策工事の資金を支援することを決定した。梶山経産相は、東電から、東海第2原発は、低廉で安定的かつCO2の少ない電源として期待できるため、資金支援を決めたとの説明を受けているという。支援額などは明らかになっていない。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below