May 7, 2018 / 5:56 AM / 20 days ago

パリの現代美術館でヌーディスト向け特別公開、160人が裸で来館

[パリ 5日 ロイター] - フランス・パリの16区にある現代美術館パレ・ド・トーキョーで5日、ヌーディストらの特別来館が許可され、約160人が裸体で訪れた。パリの美術館としては初の試みだが、ウィーンでも2013年に同様の特別公開が行われた。

ヌーディストの活動を推進するパリ・ナチュリスト協会の広報責任者、ジュリアン・クロード=ペネグリー氏は、世界の文化都市における画期的なイベントだと評価。「ナチュリスト(裸体主義者)の生活様式は、裸であるべきだ。文化はわれわれの日常生活の一部であり、今回は特別な機会になった」と述べた。

さらに「人間の精神構造は最近変わりつつある。ナチュリストは、妨害となっていた過去の障壁、タブー、メンタリティーを突き破ろうとしている」と主張した。

同協会によると、パリだけで8万8000人の支持者がおり、フランス全体では260万人のナチュリスト実践者がいるという。

パリではほかにも、東部にあるヴァンセンヌの森で昨年ヌーディスト向けの区域を試験的に設置。夏期シーズンを前に最近再開された。年内にはヌーディストのためのナイトクラブイベントも予定されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below