May 20, 2019 / 9:01 PM / in 3 months

米政策担当者、物価と失業率の関係めぐる見方を変更=NY連銀総裁

[ニューヨーク 20日 ロイター] - ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は20日、物価を押し上げることなく失業率がどこまで低下できるかについて、米国の経済政策担当者は考え方を変えたとの見方を示した。

ウィリアムズ総裁は連邦準備理事会(FRB)の今後の政策調整に関する会合で、政策担当者は、インフレを低水準にとどめながら、米経済の拡大と力強い労働市場の維持に注力していると述べた。

ウィリアムズ総裁はこれまでも長らく、FRBは金利を「より長期間にわたり、より低水準に」とどめることでインフレが低迷する時期にシステミックに対応するよう提唱してきた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below