Reuters logo
外的ショックが主要リスク、金融政策十分緩和的=NY連銀総裁
2016年2月12日 / 17:31 / 2年後

外的ショックが主要リスク、金融政策十分緩和的=NY連銀総裁

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は12日、国内景気拡大が続く中、大きな外的ショックが主要リスクと指摘した。

 2月12日、ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、大きな外的ショックが主要リスクと指摘した。写真はニューヨークで昨年11月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

労働市場の過度の緩みや、低インフレを踏まえると、米金融政策は「妥当で相当緩和的」との認識も示した。

総裁は「労働市場が引き続き、幾分過度の緩みを抱えているとみられ、インフレも連邦準備理事会(FRB)目標を下回ることを踏まえれば、(景気)拡大局面は続くものの、金融政策は妥当で、なお相当緩和的だ」と述べた。

顕著なインフレリスクが短期的に生じる可能性は低いと指摘。住宅など国内経済の主要部門は良好な状態にあり、銀行システムの資本も大幅に増強されたとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below