Reuters logo
ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場
2017年10月16日 / 22:03 / 1ヶ月後

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

[ニューヨーク 16日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルがやや上昇した。この日は主要な米経済指標の発表がなく、前週13日発表の9月の米消費者物価指数(CPI)を受けた下落に対する調整が入った。

 10月16日、ニューヨーク外為市場ではドルがやや上昇した。2月撮影(2017年 ロイター/Dado Ruvic)

9月の米CPI統計では物価がなお抑制されていることが示され、ドルは13日の取引で約2週間ぶりの水準に下落。これに先立つ11日に米連邦準備理事会(FRB)が公表した9月19-20日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、インフレ率の上昇見通し、およびインフレ率が上昇しない場合の金利の道筋を巡り踏み込んだ討議が行われたことが明らかになっていた。

TD証券(トロント)の北米外為戦略部門責任者、マーク・マコーミック氏は、多くのマイナスのニュースが織り込まれたとし、「ポジション調整の動きが出ており、向こう1─2日間は続くとみられる」と指摘。その後は米国の低調な見通しに市場の注目が移る可能性があるとの見方を示した。

この日の取引で主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.22%上昇の93.287。前週13日はCPI統計発表直後に92.75と、9月26日以来の水準に低下していた。

こうしたなかイエレンFRB議長は15日、米経済は引き続き堅調との認識を示し、インフレは抑制されているものの、労働市場の強さを踏まえると段階的な利上げの継続が必要との見解を示した。

市場はFRBは12月会合で利上げを決定すると予想。ただ来年については、FRBは3回の利上げが実施されると示唆しているものの、市場の予想はこれほど強気ではなくなっている。前出のマコーミック氏は「米経済指標がプラスのサプライズとなる結果は増え始めているが、インフレ関連指標に関してはまだ世界の他の国をアンダーパフォームしている」としている。

この日は、来年任期が切れるイエレンFRB議長の後任候補としてトランプ米大統領がスタンフォード大学のジョン・テイラー教授に感銘を受けたとブルームバーグが報じたことでドルが上昇する場面もあった。テイラー教授はイエレン氏よりもタカ派的とみられている。

ユーロは軟調。15日実施のオーストリア国民議会(下院)選挙で難民・移民の受け入れ厳格化を訴える中道右派の国民党の第1党躍進がほぼ確実となり、次期首相に国民党を率いるセバスティアン・クルツ外相が就任する見通しとなったことが背景。

ドル/円 NY終値 112.18/112.20

始値 111.78

高値 112.28

安値 111.67

ユーロ/ドル NY終値 1.1795/1.1798

始値 1.1800

高値 1.1818

安値 1.1787

表はロイターデータに基づいています

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below