December 18, 2018 / 11:07 PM / 3 months ago

ドル続落、FOMC結果控え警戒感=NY市場

[ニューヨーク 18日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが続落し1週間ぶり安値を付けた。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日に控え、連邦準備理事会(FRB)が今後の利上げペースを緩めるとの思惑からドルのロング(買い持ち)ポジションを巻き戻す動きが見られた。

 12月18日、ニューヨーク外為市場ではドルが続落し1週間ぶり安値を付けた。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を翌日に控え、連邦準備理事会(FRB)が今後の利上げペースを緩めるとの思惑からドルのロング(買い持ち)ポジションを巻き戻す動きが見られた。米財務省造幣局で2014年11月撮影(2018年 ロイター/Gary Cameron/File Photo)

FOMCでは今年4回目となる利上げも見込まれている。こうした中、トランプ大統領はこの日もツイッターでFRBの引き締め政策を批判。利上げは「新たな過ち」であり「市場をこれ以上流動性に乏しい状態にしないでほしい」と訴えた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「経済に陰りが見られる中、FRBは来年の成長や利上げペースに関する予想を下方修正してくる可能性がある」と述べた。

スコシア銀(トロント)の主任FXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、市場が織り込む利上げ確率が前日の78%から足元70%に低下しているとし、「FOMC決定直前の動きとしては異例の大きさだ」と指摘した。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)が公表した世界のファンドマネジャー調査によると、世界経済の伸びが向こう12カ月で鈍化すると予想する投資家の割合は差し引き53%となった。[nL3N1YN476]

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.1%安の97.012。一時、今月10日以来の安値を付けた。リスクオフの流れから円JPY=やスイスフランCHF=が買われた。ユーロ/ドルEUR=は0.2%高の1.1368ドル。ポンド/ドルGBP=は0.2%高の1.2647ドル。

ドル/円 NY終値 112.51/112.54

始値 112.29

高値 112.63

安値 112.27

ユーロ/ドル NY終値 1.1361/1.1362

始値 1.1393

高値 1.1396

安値 1.1350

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below