for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドルが約3年ぶり高値、リスク選好で円安も進行=NY市場

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、主要通貨に対するドル指数が3年ぶり水準に上昇。中国で新型コロナウイルスの新たな感染者数が減少したことや景気刺激策への期待から、安全資産である円は9カ月ぶり安値を付けた。

 2月19日、終盤のニューヨーク外為市場では、主要通貨に対するドル指数が3年ぶり水準に上昇。2016年11月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

堅調な米指標のほか、米経済について慎重ながらも楽観的な見方を示した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨もドルを支援した。

中国国家衛生健康委員会は19日、中国本土の感染者が18日に1749人増えたと発表。新たな感染者は17日の1886人から減少し、1月29日以来の低水準となった。[nL4N2AJ0VY]

シリコンバレー・バンクのシニア外為トレーダー、ミン・トラン氏は「中国は新型ウイルス問題による経済的影響を相殺するため、刺激策を強化しようとしている」と述べた。

ドルは対円で1.29%上昇し、5月以来の高値となる111.28円。円の下落率は半年ぶりの大きさ。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した1月28─29日のFOMC議事要旨によると、政策当局者は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う新たなリスクを認める一方、年内の金利据え置きについて慎重ながらも楽観的な見方を示したことが分かった。[nL4N2AJ3ZI]

この日発表された米指標もドルを支援。1月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比3.6%減の156万7000戸と、市場が見込んでいた142万5000戸までは落ち込まなかった。許可件数は約13年ぶりの高水準となり、住宅市場が底堅さを保っていることを示唆した。[nL4N2AJ3UQ]

また、1月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.5%上昇と、2018年10月以来の大幅な伸びとなった。[nL4N2AJ3TT]

ドル指数=USDは一時、99.73まで上昇。その後は、0.16%高の99.601で推移した。

ユーロは小幅高の約1.08ドル。

英ポンドは1.30ドルを下回り、1週間超ぶり水準に下落。1月の消費者物価指数(CPI)上昇率が前年比1.8%と、6カ月ぶりの高水準となったことを受けた。[nL4N2AJ2Q4]

ドル/円 NY終値 111.35/111.38

始値 110.44

高値 111.58

安値 110.41

ユーロ/ドル NY終値 1.0804/1.0808

始値 1.0790

高値 1.0811

安値 1.0783

*写真のキャプションを変更して再送します

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up