January 27, 2020 / 10:20 PM / 22 days ago

ドル指数や安全通貨が上昇・元下落、新型肺炎拡大で=NY市場

[ニューヨーク 27日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドル指数や円、スイスフランなど安全資産とされる通貨が上昇。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念が背景にある。一方、オフショア人民元は急落、豪ドルも4カ月ぶり安値を更新した。

 1月27日、ニューヨーク外為市場では、ドル指数や円、スイスフランなど安全資産とされる通貨が上昇。2017年3月撮影(2020年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

国営中央テレビ(CCTV)によると、新型肺炎によるこれまでの死者は81人に達し、北京市でも初めての死者が確認された。旅行や観光業、より幅広い経済活動への影響が懸念される。[nL4N29W2FB]

スコシア・キャピタルの首席為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「市場は新型コロナウイルスによって咳き込み、息を切らしている」と指摘。「あらゆる市場全体において、安全資産がアウトパフォームする1日になった。市場には重症急性呼吸器症候群(SARS)と同様な状況となり、世界経済に一定の打撃を与える可能性があるとの懸念が漂っている」と述べた。

テンパスのシニア為替トレーダー兼ストラテジスト、フワン・ペレス氏は「新型コロナウイルスを巡る状況が改善しなければ、ドルは今週堅調に推移し続けるだろう」と述べた。

終盤の取引で、円は対ドルJPY=で0.35%高の108.89円。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.09%高の97.941。

スイスフランCHF=も対ドルで0.18%上昇した。

オフショア人民元CNH=は一時0.9%安の6.99元と、昨年12月30日以来の安値を付けた。

中国経済へのエクスポージャーの大きい豪ドルAUD=も対米ドルで1.01%下落。昨年10月16日以来の安値を付ける場面もあった。

ユーロ/円EURJPY=は一時、2カ月ぶり安値となる119.92円に沈んだ。その後は0.38%安の119.97円近辺で推移した。

また、中国、香港、シンガポール、オーストラリアが休場だったことで流動性が低く、値動きが大きくなったとの指摘も聞かれた。

ドル/円 NY終値 108.89/108.90

始値 108.89

高値 109.09

安値 108.87

ユーロ/ドル NY終値 1.1016/1.1020

始値 1.1023

高値 1.1032

安値 1.1010

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below