March 4, 2020 / 11:02 PM / a month ago

ドル地合い回復、堅調な指標で 大幅回復に懐疑的な声も=NY市場

[ニューヨーク 4日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルの地合いが回復。前日は米連邦準備理事会(FRB)の緊急利下げを受けて約8週間ぶりの安値に沈んでいた。

 3月4日、ニューヨーク外為市場では、ドルの地合いが回復。写真はドル紙幣(2020年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

主要6通貨に対するドル指数=USDは0.19%高の97.315。前日は、FRBが緊急にフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を50ベーシスポイント(bp)引き下げ1.00─1.25%としたことを受け、1月8日以来の安値となる96.926を付ける場面もあった。

4日発表された米指標では、2月のADP雇用報告の民間部門雇用者数が18万3000人増となった。ロイターがまとめたエコノミスト予想の17万人増を上回り、新型コロナウイルス流行前は労働市場が堅調に推移していたことを示唆した。[nL4N2AX3NM]

2月のISM非製造業総合指数は57.3と、2019年2月以来の高水準となった。新型ウイルスの感染が拡大する中でも米経済が依然、基調として底堅いことが確認された。[nL4N2AX434]

しかし、アナリストの間からはドルの大幅回復に懐疑的な声も聞かれた。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツの首席市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「他の中銀に比べ、FRBにはなお利下げ余地が残されている」とし、「ドルが一段安となる余地も幾分大きいことを意味している」と述べた。

ユーロ/ドルEUR=は0.28%安の1.114ドル。アクシコープの首席市場ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は、欧州中央銀行(ECB)の利下げが差し迫っていることがユーロを圧迫したと指摘した。

金融市場では、90%の確率でECBが来週の理事会で現在マイナス0.5%にある中銀預金金利を10ベーシスポイント(bp)引き下げる見方が織り込まれている。

カナダドルCAD=D4も対米ドルで下落した。カナダ銀行(中央銀行)はこの日、政策金利を0.5%ポイント引き下げ1.25%にすると決定した。利下げは約5年ぶりで、0.5%の大幅利下げは金融危機に見舞われた09年3月以来となる。[nL4N2AX3YP]

一方、ポンドGBP=は対ドルで0.44%高。イングランド銀行(英中央銀行)のベイリー次期総裁は新型ウイルス流行を踏まえたいかなる景気支援措置も政府との連携が望ましいと述べ、利下げ観測が後退した。

ドル/円 NY終値 107.52/107.55

始値 107.47

高値 107.66

安値 107.16

ユーロ/ドル NY終値 1.1134/1.1138

始値 1.1146

高値 1.1148

安値 1.1096

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below