September 6, 2018 / 10:28 PM / 14 days ago

ドル/円下落、米大統領が対日貿易問題に着目との報道で=NY市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] - ニューヨーク外為市場は、ドルが対円で下げ幅を拡大した。トランプ米大統領が米紙ウォールストリート・ジャーナルのコラムニストに、対日貿易問題を検討する可能性を明らかにしたとのCNBCテレビ報道が重しとなった。

 9月6日、ニューヨーク外為市場は、ドルが対円で下げ幅を拡大した。2017年2月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

報道後、ドルは対円で110.51円と取引時間中の安値を付け、終盤の取引では0.75%安の110.69円。

この日はドルが対主要通貨バスケットでやや値下がりした。7日公表の米8月雇用統計待ちとなっている。

6通貨バスケットに対するドル指数.DXYは0.13%安の95.061。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニアマーケットアナリスト、ジョー・マニンボ氏は「重要な雇用統計公表を控える中、ドルがアウトパフォーマンスの後、幾分上げを返上した」と話した。

企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスがこの日に発表した8月の全米雇用報告によると、民間部門雇用者数の伸びが16万3000人となった。市場予想は19万人増だった。

キャピタル・エコノミクス(トロント)の首席米国エコノミスト、ポール・アッシュワース氏は「年上期が非常に堅調だったが、雇用の伸びが再び鈍化し始めたことが示されたようだ」と指摘した。

アナリストによると、貿易問題を巡る不透明な状況が続き、ドルには対円、スイスフランで下押し圧力が掛かる。

トランプ大統領は6日のパブリックコメント期間終了後、2000億ドル相当の中国製品に追加関税を課す可能性がある。

ドルは対スイスフランで0.56%安。

英ポンドは対ドルで0.21%高。欧州連合(EU)離脱を巡る前日のブルームバーグ報道を受けた合意期待が追い風となり、底堅く推移した。

カナダドルは対米ドルで上昇。カナダ銀行(中央銀行)のウィルキンス上級副総裁が、保護主義的な措置でインフレが高進する可能性があるとし、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉協議が合意に至らなかった場合、利上げせざるを得ない可能性があるとの考えを示した。

ドル/円 NY終値 110.74/110.77

始値 111.27

高値 111.34

安値 110.53

ユーロ/ドル NY終値 1.1621/1.1623

始値 1.1627

高値 1.1654

安値 1.1606

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below