February 11, 2020 / 10:19 PM / 16 days ago

NY外為市場はドルが4カ月ぶり高値から下落、リスク選好が改善

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで前日に付けた4カ月ぶり高値から下落。中国の新型コロナウイルス懸念を受けた安全資産買いが一服し、リスク選好が改善した。

 2月11日終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで前日に付けた4カ月ぶり高値から下落。中国の新型コロナウイルス懸念を受けた安全資産買いが一服し、リスク選好が改善した。2010年8月撮影(REUTERS/Yuriko Nakao)

米株市場では、S&P総合500種とナスダック総合が最高値を更新。感染症研究の第一人者で中国政府の専門家チームを率いる鐘南山氏がロイターのインタビューに応じ、中国国内における新型コロナウイルスの流行が2月にピークを迎え、4月ごろに終息する可能性があると予想した。

CIBCキャピタル・マーケッツの為替戦略北米主任のバイパン・ライ氏は「過去数日の株式市場での取引と為替市場の動きは少しちぐはくだ。ある程度、為替側の動きに追いつく様子が見られる」と述べた。

経済指標から米経済見通しがユーロ圏より堅調との見方が強まる中、新型肺炎を巡る経済的影響への懸念から、このところドル買いが進んでいた。また、為替市場全体のボラティリティーが低い状態が続き、ユーロやスイスフランなど利回りの低い通貨を借りて、ドルなどの高金利通貨を買うキャリートレードの動きにつながったこともドル高の背景。

ユーロEUR=は一時、昨年10月1日以来となる1.0892ドルまで下落。その後は1.0923ドルで推移した。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11日に行った半期に一度の議会証言で、米経済は良い位置にあるとし、経済見通しに対し前向きな見方を示した。同時に、中国が発生源となっている新型コロナウイルスの感染拡大のほか、米経済の長期的な健全性に対する懸念を表明した。

この日発表の昨年12月の雇用動態調査(JOLTS)は、求人件数(季節調整済み)が642万3000件と、2017年12月以来の低水準となった。レイオフ・解雇件数は増加し、このところの雇用増の加速が持続可能でない公算が大きいことが示された。

ドル/円 NY終値 109.77/109.80

始値 109.85

高値 109.96

安値 109.74

ユーロ/ドル NY終値 1.0914/1.0918

始値 1.0911

高値 1.0924

安値 1.0892

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below