February 21, 2018 / 10:28 PM / 7 months ago

ドル上昇、FOMC議事要旨受け=NY市場

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が追加利上げを後押しする内容と受け止められ、短期国債利回りが上昇する中、終盤のニューヨーク外為市場はドルが約1週間ぶりの高値をつけた。

 2月21日、1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が追加利上げを後押しする内容と受け止められ、短期国債利回りが上昇する中、終盤のニューヨーク外為市場はドルが約1週間ぶりの高値をつけた。写真はドル紙幣、12日撮影(2018年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

主要6通貨バスケットに対するドル指数.DXYは0.37%高の90.046。一時90.134の高値をつけた。

短期金利先物相場は依然、年内3回の利上げ予想を織り込んでいる。

キャピタル・エコノミクスの首席エコノミスト、ポール・アシュワース氏は「(議事要旨は)米連邦準備理事会(FRB)が3月に追加利上げを行う道筋を確実に歩んでいることを示した」と語った。

議事要旨公表直後に、ドル指数は取引時間中の安値に沈んだが、間もなく持ち直した。

コモンウエルスFXの首席市場ストラテジスト、オマー・エジナー氏は「前回会合以降、政府が非常に拡張的な予算を承認し、1月雇用統計の賃金指標が予想よりも堅調で、1月の消費者物価指数(CPI)も予想を上回ったことは注目に値する」と指摘。「議事要旨は必ずしもこうしたデータを反映していないが、きょうのFRBは恐らく1月会合時点よりもタカ派色を強めているのではないか」と話した。

2年債利回りUS2YT=RRは2.270%。一時2.282%と9年ぶりの高水準を記録した。

みずほ(ニューヨーク)の通貨ストラテジストは「米短期国債(利回り)がオーバーナイトの時間帯にかなり大きく上昇し、リーマン危機以来の水準に達した。この利回り上昇がドルの追い風となっている」と述べた。

2月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値が低下したことを受け、ユーロは対ドルEUR=でやや値下がりした。

英ポンドは対ドルで0.53%安。 昨年10─12月の失業率が予想に反して約2年ぶりに悪化したことを材料視した。

ドル/円 NY終値 107.76/107.79

始値 107.50

高値 107.89

安値 107.31

ユーロ/ドル NY終値 1.2282/1.2286

始値 1.2314

高値 1.2359

安値 1.2282

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below