Reuters logo
利食い売りでドル下落、米FRB議長は3月利上げに言及=NY外為
2017年3月3日 / 22:48 / 9ヶ月後

利食い売りでドル下落、米FRB議長は3月利上げに言及=NY外為

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対して下落、対円では114円を割り込んだ。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は経済が引き続き改善すれば3月利上げが適切と言明したが、足元で米利上げ観測はすでに高まっており、この日は最近のドル高を受けて一部で利益確定の売りが出た。

3月3日、NY外為市場ではドルが主要通貨バスケットに対して下落、対円では114円を割り込んだ。イエレン米FRB議長は経済が引き続き改善すれば3月利上げが適切と言明したが、足元で米利上げ観測はすでに高まっており、この日は最近のドル高を受けて一部で利益確定の売りが出た。写真は2013年2月、東京で(2017年 ロイター/Shohei Miyano)

チャプデレイン・フォーリン・エクスチェインジのマネジングディレクター、ダグラス・ボースウィック氏は「プラス材料の多くを織り込んでおり、今後は利食い売りでドルは弱含むだろう」と話す。

イエレン議長はまた、就任以来初めて国内外で差し迫った障害がないもようだとし、今年は一段と速いペースで金利を引き上げる公算が大きいとも述べた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.7%低下した。ただ前日に7週間ぶりの高水準となる102.26をつけるなど、週間では約0.4%の上昇。

CMEグループのフェドウオッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物が織り込む3月利上げの確率は86%。2月28日の35%から大幅に高まった。

ロイターデータによると、ドル/円JPY=は一時113.83円に下落した。

このところ軟調だったユーロは対ドルEUR=で0.93%高。仏大統領選に関する世論調査で、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首の勝算が低下したことが追い風となった。

だがスコシアバンクのチーフ為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は、フランスの政治リスクではなく、米2年債利回り上昇を背景とする欧米の金利差拡大と金融政策スタンスのかい離が最近のユーロの弱材料だと指摘する。

米利上げ観測はニュージーランドドルにも重しとなり、対米ドルNZD=で0.41%下落。週間では11週ぶりの大幅な下げとなる見通し。

一方、メキシコペソMXN=は対ドルで約4カ月ぶり高値に上昇。ロス米商務長官がメキシコと米国は双方が恩恵を受ける通商条約を結ぶことが可能だと発言したことがペソを支援した。

ドル/円 NY終値 113.99/114.04

始値 114.45

高値 114.74

安値 113.83

ユーロ/ドル NY終値 1.0620/1.0626

始値 1.0538

高値 1.0623

安値 1.0538

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below