Reuters logo
ポンド/ドル下落、英が29日にEU離脱通告と表明=NY市場
2017年3月20日 / 21:24 / 8ヶ月後

ポンド/ドル下落、英が29日にEU離脱通告と表明=NY市場

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ポンド/ドルGBP=が下落した。英政府が29日に欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。

 3月20日、終盤のニューヨーク外為市場ではポンド/ドルが下落。英政府が29日にEU基本条約50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。昨年11月撮影(2017年 ロイター//Dado Ruvic)

ドルは他の主要通貨に対しては小動きにとどまった。

ポンド/ドルはロンドン時間の午前中に0.33%程度上昇する場面があったが、英政府がEU離脱手続き開始に関する声明を発表した後は、0.45%安の1.2336ドルまで下がった。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは直近が0.1%高の100.40。ただ、海外市場では一時0.3%安となった。

米連邦準備理事会(FRB)が15日までの連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが緩やかなペースにとどまることを示唆して以降、ドルは軟調に推移している。

ジェフリーズのマネジングディレクター、ブラッド・ベッチェル氏は「FOMCは(金利を)引き上げたが、受けた印象はややハト派的だった。そうした背景からドルの低迷が続いている」と指摘した。

18日に終わった20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が採択した共同声明に「通貨安競争の回避」が引き続き明記されたものの、保護主義反対の文言が米国の反対で盛り込まれなかったことも、ドル安要因だった。

それでもアナリストによると、この日はシカゴ地区連銀のエバンズ総裁による発言をきっかけにドルが値を戻した公算が大きい。総裁は、年内にあと2回の利上げを行える態勢にあり、状況によってはあと3回もあり得るとの見方を示した。

みずほのFXストラテジスト、サイリーン・ハラリ氏は「市場はFOMCメンバーの発言に関心を集中し、金融政策の経路とそれがドルにどう影響するかについて、さらなる手掛かりを得ようとしていると思う」と述べた。

ドル/円 NY終値 112.55/112.56

始値 112.74

高値 112.89

安値 112.50

ユーロ/ドル NY終値 1.0737/1.0741

始値 1.0759

高値 1.0762

安値 1.0725

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below