Reuters logo
ドル指数が回復、パウエル氏のFRB議長承認公聴会に注目=NY市場
2017年11月27日 / 21:36 / 16日前

ドル指数が回復、パウエル氏のFRB議長承認公聴会に注目=NY市場

[ニューヨーク 27日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、税制改革法案の討議再開が注目されるなか、翌日にパウエル次期連邦準備理事会(FRB)議長の承認公聴会を控え、当初軟調だったドル指数が上昇に転じた。

 11月27日、ニューヨーク外為市場では、税制改革法案の討議再開が注目されるなか、翌日にパウエル次期連邦準備理事会(FRB)議長の承認公聴会を控え、当初軟調だったドル指数が上昇に転じた。写真はドル紙幣、昨年10月撮影(2017年 ロイター/Leonhard Foeger)

主要6指数に対するドル指数.DXYは一時は9週間ぶりの低水準となる92.496まで下げたものの、その後は0.12%高の92.893に戻した。

減税実施が遅延するとの懸念がここ数週間ほどドルに対する重しとなっていたが、トランプ米大統領はこの日、税制改革法案は「順調に進捗している」とツイート。XE(トロント)の首席市場ストラテジスト、レノン・スウィーティング氏は市場はこのところ非常に敏感になっているとし、「トランプ氏のツイートは市場の大きな動意となった」と述べた。

朝方発表の10月の新築住宅販売戸数が年率換算で前月比6.2%増の68万5000戸と、2007年10月以来、10年ぶりの高水準となったこともドル指数の支援要因となった。

ただドル/円JPY=は0.45%下落。今週は28日に上院銀行委員会でパウエル次期FRB議長の承認公聴会が予定されているほか、29日にはイエレン米FRB議長が議会証言を行う。前出のスウィーティング氏は、イベントが目白押しとなっていることで警戒感が出ていることが円の上昇の背景にある可能性があるとしている。

ドル/円 NY終値 111.09/111.10

始値 111.22

高値 111.25

安値 110.85

ユーロ/ドル NY終値 1.1896/1.1900

始値 1.1935

高値 1.1960

安値 1.1896

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below