January 23, 2018 / 10:05 PM / 4 months ago

ドル指数3年ぶり安値、軟調地合い継続=NY市場

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルの軟調な地合いが継続し、主要6通貨に対するドル指数は3年ぶり安値をつけた。1月のユーロ圏消費者信頼感指数が約17年ぶりの高水準となったことを受け、ユーロが急伸したことが背景にある。

 1月23日、ニューヨーク外為市場では、ドルの軟調な地合いが継続し、主要6通貨に対するドル指数は3年ぶり安値をつけた。2013年2月撮影(2018年 ロイター/Shohei Miyano)

終盤の取引で、ドル指数DXYは0.32%安の90.115と、2014年12月以来の安値をつけた。

ユーロ/ドルEUR=は0.29%高の1.2295ドル。

シンク・マーケッツの首席市場アナリスト、ナイーム・アスラム氏は、良好な内容となった1月のユーロ圏消費者信頼感指数について「ユーロ圏の成長に弾みがついていることを物語っており、ユーロ買い圧力が強まった」と語った。

25日の欧州中央銀行(ECB)理事会にも関心が集まる。市場はECBが今後の金融政策の道筋に関し手掛かりを示すか注目していると、アナリストは指摘する。

ドル/円JPY=は約0.5%安の110.31円と、前週17日以来の安値をつけた。日銀が23日までに開いた金融政策決定会合で現行政策の維持を決定したことを受け、ドルは一時上昇していたものの、上げを維持することはできなかった。

XEの首席市場ストラテジスト、レノン・スイーティング氏は、日銀の政策決定会合からは円を後ろ盾する材料は特に出なかったものの、「リスクオフ・シナリオの下、円の堅調な地合いは続いている」と指摘した。

ポンド/ドルGBP=は1.40ドルを超え、英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が行われた2016年6月以来の高値をつけた。EU離脱(ブレグジット)交渉で、英国が有利な離脱条件を確保するとの期待が高まっていることが背景。

ドル/円 NY午後4時 110.31/110.33

始値 110.49

高値 110.55

安値 110.26

ユーロ/ドル NY午後4時 1.2292/1.2296

始値 1.2235

高値 1.2306

安値 1.2235

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below