August 3, 2018 / 9:33 PM / 16 days ago

ドル横ばい、雇用統計予想割れでも利上げ見通し変わらず=NY市場

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場で、ドルは主要通貨に対し横ばい。この日発表された7月の米雇用統計では、伸びが市場予想を下回ったものの労働市場は引き締まった状態で、年内あと2回の米利上げ観測を支援した。

主要6通貨に対するドル指数.DXYはほぼ横ばいの95.148。一時は94.98まで下げた。週間ベースでは0.5%の上昇。

7月雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比15万7000人増と、市場予想の19万人増を下回った。失業率は0.1%ポイント低下して3.9%となり、労働市場の引き締まりを示唆した。

OANDAのシニア通貨アナリスト、アルフォンソ・エスパルザ氏は雇用統計について「全体的には堅調で、FRBの年内あと2回の利上げを依然サポートしている」と述べた。

貿易摩擦の高まりを受け、ドルは対円JPY=で0.39%下落。

中国は同日、600億ドル相当の米国製品に追加関税を課す報復措置を発表した。液化天然ガス(LNG)や小・中型の航空機など5207品目に対し、5%から25%の税率をかける。

人民元は、この日序盤に付けた対ドルでの15カ月ぶり安値から反発。ドルはオフショア市場の人民元CNH=に対し0.49%安。中国人民銀行(中央銀行)が人民元相場の安定化に向け、市中銀行に義務付ける為替フォワード取引の準備金要件を週明け6日から20%に引き上げると発表した。これにより、人民元ショートはよりコストがかかる。

英ポンドGBP=は0.09%の小幅安。カーニー英中銀総裁は同日、英国が合意のないまま欧州連合(EU)から離脱するリスクは「不快なほどに高い」との認識を示した。

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below