August 15, 2018 / 10:34 PM / 2 months ago

ドルが一時1年1カ月ぶり高値、人民元は約1年半ぶり安値=NY外為

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドル指数が一時1年1カ月ぶりの高値を付けた。中国の景気減速懸念や欧州のトルコに対するエクスポージャーを巡る不安を背景にドルが買われたほか、この日発表された米経済指標が底堅い内容となったこともドル相場を支えた。

 8月15日、ニューヨーク外為市場では、ドル指数が一時1年1カ月ぶりの高値を付けた。台湾で2010年撮影(2018年 ロイター/Nicky Loh)

ただ、その後カタールがトルコに150億ドルの投資を約束したと伝わると市場心理は改善、ユーロは値を戻した。

ある関係者は、カタールの投資やドイツとトルコ当局の協議などは「ユーロの下支えになる」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは一時96.984と2017年6月以来の高値を付けた。その後は横ばいの96.710で推移。

ユーロ/ドルEUR=EBSは一時1.13010ドルと1年1カ月ぶりの安値を付けたものの、その後は横ばいの1.13430ドルに値を戻した。ユーロは対スイスフランEURCHF=EBSで変わらずの1.12790フラン。

こうした中、人民元CNH=EBSはオフショア市場で約0.8%安の6.9512元と、2017年1月以来の安値を付けた。今週に入り経済指標が予想を下回っていることが背景で、市場では人民銀による介入や政府の財政出動を巡る憶測がくすぶっているという。

トルコリラは対ドルTRYTOM=D3TRY=で続伸。トルコ政府は15日、乗用車やアルコール、たばこなど一部の米国製品に対する関税を2倍に引き上げたが、中銀の流動性対策やカタールの投資表明がリラの支えとなった。リラは13日に付けた最安値の7.24リラから約12%戻し6.04リラ。ただ年初来では依然40%近く値下がりしている。

その他、南アランドZAR=D3は約2%安。インドルピーINR=も最安値近辺で推移した。

ドル/円 NY終値 110.73/110.76

始値 111.15

高値 111.15

安値 110.43

ユーロ/ドル NY終値 1.1343/1.1347

始値 1.1319

高値 1.1355

安値 1.1301

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below