December 17, 2018 / 10:35 PM / 6 months ago

ドル下落、FOMCへの警戒感で=NY市場

[ニューヨーク 17日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが下落。前週末に付けた1年半ぶり高値から押し戻された。18日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。今回のFOMCでは今年4回目となる利上げが決定される見込みだが、市場では今後の利上げペースや景気認識などに注目が集まる。結果は19日午後に発表され、その後パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が会見を行う。

 12月17日、ニューヨーク外為市場ではドルが下落。前週末に付けた1年半ぶり高値から押し戻された。18日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。イラストは2月に作成(ロイター/Dado Ruvic)

フォレックス・ドットコム(ロンドン)の市場アナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「投資家らは利上げ決定に加え、9月時点よりも弱めの利上げ予想が示されると予想している」と述べた。

欧州や中国など世界的な景気減速や貿易摩擦を巡る懸念、米国内物価の落ち着きなどを背景に、来年の米利上げ観測は当初よりも後退している。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.4%安の97.065。

米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物統計によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル)に対する買い越し額は284億8000万ドルと、ほぼ2年ぶりの高水準だった前週の311億2000万ドルから減少した。[nL3N1YL002]

ユーロ/ドルEUR=は0.4%高。一時1.1358ドルを付けた。11月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年比の伸びが1.9%と速報段階の2.0%から下方修正された。

オフショア人民元CNH=D3は6.8971元とほぼ横ばい。中国の習近平国家主席は18日、改革開放40周年を記念して演説を行う。

ドル/円JPY=は1週間ぶりの安値を付け、0.6%安の112.94円で推移。

ドル/円 NY終値 112.82/112.84

始値 113.25

高値 113.30

安値 112.69

ユーロ/ドル NY終値 1.1346/1.1349

始値 1.1350

高値 1.1358

安値 1.1330

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below