March 11, 2019 / 9:19 PM / 8 days ago

米小売売上高受けドル下落、ポンドは上昇=NY市場

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、まちまちとなった米小売売上高を背景にドルが下落。一方、ポンドは上昇した。

 11日、終盤のニューヨーク外為市場では、まちまちとなった米小売売上高を背景にドルが下落。一方、ポンドは上昇した。写真は2017年6月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉を巡っては、EU離脱案の英議会採決が12日に控える中、メイ英首相は状況打開に向けフランスのストラスブールでユンケル欧州委員長と会談した。

ポンドはこの日、一時1.1%高の1.317ドルと8営業日ぶりに反発。合意なきブレグジットの可能性が低下したという。

もっとも取引終盤にかけては上げ幅をやや縮小。BBCの報道番組「ニュースナイト」の政治部エディターがツイッターで、英閣僚らはストラスブールでのメイ首相のブレグジット交渉について好ましくないとみていると述べた。

一方、主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.1%安の97.208。米商務省が11日発表した1月の小売売上高は前月比0.2%増と、市場予想の横ばいに反して小幅なプラスとなったが、2018年12月の数字は当初発表の1.2%減から1.6%減へ大幅に下方改定された。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの上級市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「ドルのさえない値動きは、消費の弱さと今年の経済後退ががいかに一致しているかに起因している」と述べた。

ユーロEUR=はドル安を背景に0.04%高の1.124ドル。

ノルウェーの通貨クローネは対スウェーデン・クローナNOKSEK=で4カ月超ぶりの高値となった。2月の消費者物価指数(CPI)が予想を上回り利上げ観測が高まった。

対ドルNOK=では0.8%高の8.666クローネ、対ユーロEURNOK=では0.8%高の9.742クローネだった。

ドル/円 NY午後4時 111.23/111.24

始値 111.24

高値 111.28

安値 111.04

ユーロ/ドル NY午後4時 1.1247/1.1248

始値 1.1241

高値 1.1255

安値 1.1223

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below