December 26, 2019 / 10:28 PM / 22 days ago

ドルが対円で約2週間ぶり高値、米中緊張緩和で安全需要減退=NY市場

[ニューヨーク 26日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米中通商問題を巡る緊張の緩和を受け安全資産に対する需要が減退し、ドルが対円で約2週間ぶりの高値を付けた。ただクリスマス明けで休場となっている市場も多い中、商いは薄かった。

 12月26日、ニューヨーク外為市場では、米中通商問題を巡る緊張の緩和を受け安全資産に対する需要が減退し、ドルが対円で約2週間ぶりの高値を付けた。ただクリスマス明けで休場となっている市場も多い中、商いは薄かった。2011年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

中国外務省の耿爽報道官は25日、米中通商合意の署名式を巡り米国と密接に連絡を取っていると発言。これに先立ちトランプ米大統領は24日、中国の習近平国家主席と第1段階の米中通商合意に署名する調印式を行うと述べていた。[nT9N28D075][nL4N28Y29W]

テンパス(ワシントン)のトレーディング担当バイスプレジデント、ジョン・ドイル氏は「トランプ氏のコメントを受け、今日は若干『リスクオン』となっている」と指摘。「薄商いの中、円などの安全通貨が小幅安となる一方、通商合意の期待からNZドルと豪ドルが上げている」と述べた。

ドルは対円JPY=0.26%高の109.63円。オフショア人民元CNH=は1ドル=6.9911元と、ほぼ横ばい。通商問題に敏感に反応する通貨は上昇し、対米ドルで豪ドルは0.38%高、NZドルは0.57%高となった。

ただクリスマス明けのこの日も休場となっている市場が多く、取引は閑散。ドイル氏は「市場は虫の鳴き声が聞こえるほど静かだ。欧州の大部分の市場は今日も休場で、取引は閑散としている」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.13%安の97.523。

この日発表の米経済指標では、労働省発表の21日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が前週比1万3000件減の22万2000件となり、労働市場が引き続き底堅いことが示唆された。[nL4N2901NU]

カナダドルCAD=は対米ドルで0.4%高の1.3104カナダドル。10月の国内総生産(GDP)が0.1%減と、月次ベースで2月以来のマイナス成長となったことを受けカナダドルは下落していたが、この日の上昇で下げを回復した。[nL4N28X3JI]

英ポンドGBP=は1.3004ドル。クリスマス前の水準からはやや上昇したが、総選挙後の13日に付けた高値の1.3514ドルからはほど遠い水準にある。

ドル/円 NY終値 109.63/109.65

始値 109.58

高値 109.68

安値 109.58

ユーロ/ドル NY終値 1.1096/1.1100

始値 1.1085

高値 1.1109

安値 1.1086

表はリフィニティブデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below