January 3, 2020 / 10:56 PM / 25 days ago

円上昇、一時107円台後半 中東情勢緊迫化で=NY市場

終盤のニューヨーク外為市場では、安全資産への買いが強まった。米国がイラクへの空爆により、イラン革命防衛隊の司令官を殺害したこと受け、中東情勢が緊迫化し、円が3カ月ぶりの高値に上昇。一方、低調な米製造業指数を背景にドル指数は伸び悩んだ(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、安全資産への買いが強まった。米国がイラクへの空爆により、イラン革命防衛隊の司令官を殺害したこと受け、中東情勢が緊迫化し、円が3カ月ぶりの高値に上昇。一方、低調な米製造業指数を背景にドル指数は伸び悩んだ。

米国防総省は、イラクの首都バグダッドの空港で現地時間3日未明、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官(62)らを乗せた車列を空爆し、同司令官を殺害したと発表。これを受け、円のほか、米国債や独国債、金などが上昇した。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのチーフ市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「全体的に地政学的なリスクプレミアムが一晩で大幅に上昇した」とし、投資資金が安全資産に向かっているとの見方を示した。

JPY=は対ドルで一時107.82円に上昇。終盤では0.48%高の108.04円で推移。東京市場が休場で商いが低調だったことで値動きが大きくなった。

ドル指数.DXYは序盤の取引で安全資産買いを背景に上昇していたが、米供給管理協会(ISM)が3日公表した2019年12月の製造業景気指数が09年6月以来10年半ぶりの低水準だったことで上げ幅を縮小。終盤は0.03%高の96.873となった。

シャモッタ氏はISM製造業景気指数について「失望的な内容だった」と指摘。「貿易摩擦を巡る不確実性が実際に製造業セクターに持続的な損害を与えていることを示しており、国内総生産(GDP)の低迷につながる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below