May 5, 2020 / 9:39 PM / 24 days ago

米株高受けドル上昇、ユーロは独憲法裁判断で売り=NY市場

[ニューヨーク 5日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが多くの主要通貨に対し上昇した。新型コロナウイルス感染抑制策の緩和による経済活動再開への期待から上昇した米株式市場に歩調を合わせた。一方、ユーロは欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れプログラムを巡るドイツ憲法裁判所の判断を受け下落した。

ニューヨーク外為市場ではドルが多くの主要通貨に対し上昇した。新型コロナウイルス感染抑制策の緩和による経済活動再開への期待から上昇した米株式市場に歩調を合わせた。2017年6月撮影(2020年 ロイター/Thomas White)

一部アナリストは、新型ウイルス感染拡大を受け、3月からドル相場と米株価の連動性が増したと指摘。TDセキュリティーズ(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、マゼン・イッサ氏は この日のドルの動きについて「株式相場の動きに比較的連動している」と述べた。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数=USDは0.2%高の99.714。

ドルは対スイスフランCHF=EBSで0.7%高の0.9721フラン。ただ、対円JPY=EBSでは0.3%安の106.450円となった。

ユーロは対ドルでEUR=EBS0.5%安の1.0850ドル。

独連邦憲法裁判所はこの日、量的緩和策に基づく公的部門証券買い入れ(PSPP)について、ECBが政策の必要性を証明しなければ、ドイツ連邦銀行(中央銀行)は3カ月以内に国債買い入れを停止する必要があるとの判断を下した。ただ、新型コロナウイルス感染拡大を受けECBが新たに導入した総額7500億ユーロのパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)については、今回の判断は適用されないとした。

この日発表の米経済指標では、米供給管理協会(ISM)の4月の非製造業総合指数(NMI)が41.8と、2009年12月以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだ。ただ市場予想の36.8ほどは悪化しなかったことで、ドルの支援要因となった。

資源国通貨はリスク選好度の改善を反映し上昇。豪ドルAUD=D3は対米ドルで0.6%高の0.6457米ドルとなっている。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は5日の定例理事会でオフィシャルキャッシュレートを予想通り過去最低の0.25%に据え置くことを決定。同時に、今年上半期の国内経済が過去最大のマイナス成長になり、失業率は2桁に上昇するとの見通しを示した。

中国人民元CNH=D3はオフショア市場で対ドルで0.2%高の7.1170元。前日に付けた6週間ぶり安値から回復した。

この日は日本や中国が祝日のため、商いは薄かった。

ドル/円 NY終値 106.58/106.61

始値 106.75

高値 106.77

安値 106.43

ユーロ/ドル NY終値 1.0838/1.0842

始値 1.0837

高値 1.0886

安値 1.0832

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below