June 5, 2020 / 9:28 PM / a month ago

ドル小幅高、予想外の雇用統計に反応 上値は重く=NY外為

ニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。写真は5月26日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ニューヨーク 5日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。朝方発表された雇用統計で雇用者数が予想に反して増加したことが材料となった。ただ米経済を巡る不透明感は根強く、上値は抑えられた。

5月の非農業部門雇用者数は前月比250万9000人増と、エコノミスト予想の800万人減に反してプラスに転じた。4月は約2070万人減と、1930年代の大恐慌以降で最大の落ち込みを記録していた。失業率は13.3%と、戦後最悪だった4月の14.7%から改善。市場予想は19.8%だった。

ドルは通貨バスケット=USDに対し0.18%高の96.93。週間では1.4%下落した。

ユーロ/ドルEUR=は0.38%安の1.129ドル。週間では1.73%上昇した。値上がりは3週連続。ドル/円JPY= JPYX1=は0.44%高の109.61円。

マニュライフ・アセットマネジメントのポートフォリオ・マネジャー、チャック・トームズ氏は「予想を上回る雇用統計が材料になった。市場の反応から米経済の好転やイールドカーブ拡大が織り込まれているようだ」と述べる一方、経済の見通しを巡る不透明感や新型コロナ感染第2波への不安から上値は重かったと指摘した。

アナリストからは、今回のような雇用の伸びは続かない恐れがあるとの声が聞かれる。

ジョン・ハンコック・インベストメント・マネジメントの共同最高投資ストラテジスト、マット・ミスキン氏は「多くの好材料がすでに織り込まれる中、将来の景気回復期待が今まで以上に高まることを考えると、期待通りにいくハードルも上がるだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below