for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル、2年超ぶり安値 4カ月連続下落=NY市場

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)の物価目標変更を受けてドルが2年超ぶりの安値を付けたほか、月間では4カ月連続下落となった。

終盤のニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)の物価目標変更を受けてドルが2年超ぶりの安値を付けたほか、月間では4カ月連続下落となった。ソウルで2013年1月撮影(2020年 ロイター/Lee Jae Won)

主要通貨バスケットに対するドル指数=USDは0.08%安の92.161。一時は2018年5月1日以来の安値に沈んだ。8月は1.5%下落。8月としては5年ぶりの下落率となったほか、月間続落期間は17年夏以降で最長になった。

一方、ユーロEUR=は0.24%高の1.193ドル。月間ベースでは約1.4%上昇し、4カ月続伸。

FRBのパウエル議長は27日の講演で、インフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指すことを柱にした新戦略を発表。これにより、インフレは小幅上昇し、金利はより長期間低水準にとどまるとみられている。

アクション・エコノミクスのアナリストは、「FRBがインフレ政策を変更したことで、米金利は当面ゼロに近い状態を維持し、(米ドルへの)圧力が続くだろう」と指摘した。

BNPパリバの北米外為戦略部門トップ、ダニエル・カツィーブ氏は「今起きているのは、第2・四半期に始まったドル下落の継続だろう。先週のFRBのメッセージがそれを補強しただけだ」と述べた。

JPY=は、日本の次期首相が「アベノミクス」政策を継続するとの見方から105.87円に0.5%下落。前週末は安倍晋三首相が健康上の理由で退任表明したことを受け、一時1ドル=105.18円まで上昇した。

この数週間、円はドル安の中でも上昇していなかった。

カツィーブ氏は「ドル/円は相変わらず通常とは違う方向に動いている。フローベースで明確に説明できるが、何がそれを動かしているのかは正確には分からない。最終的にはファンダメンタルズが優勢になり、下落するとみている」と述べた。

ドル/円 NY終値 105.89/105.92

始値 105.91

高値 106.09

安値 105.79

ユーロ/ドル NY終値 1.1936/1.1937

始値 1.1918

高値 1.1965

安値 1.1920

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up