for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドル下落、追加コロナ対策に期待高まる=NY市場

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、リスク通貨が上昇した。米国の新型コロナウイルス追加経済対策への楽観論などが背景。

終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、リスク通貨が上昇した。米国の新型コロナウイルス追加経済対策への楽観論などが背景。3月撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

この日の米株式市場は、新型コロナ経済対策への期待のほか、コロナに感染したトランプ米大統領が退院すると発表したことを受けて上昇した。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は、「市場は、米経済減速を示し続ける指標を受けて、遅かれ早かれ財政刺激策が実現すると確信しているのだろう」と述べた。

メドウズ米大統領首席補佐官はこの日、コロナ経済対策を巡る協議が合意に達する可能性はあり、トランプ大統領は引き続き、対策の実現にコミットしていると語った。

ドル指数=USDは0.32%下落したが、経済対策が合意に至らなかった場合、ドルにとっては上昇要因になるとみられる。

ウェルズ・ファーゴのマクロストラテジスト、エリック・ネルソン氏は「(11月の)選挙前の景気刺激策成立の見通しはまだ非常に低いと考える」とし、特にノルウェークローネや豪ドルのようなリスクの高い通貨に対しては、現在のドル安が落ち着くだろうと述べた。

ユーロEUR=は対ドルで0.50%高の1.1774ドルと、9月21日以来の高値。

豪ドルAUD=は0.17%高の0.7174米ドル。クローネNOK=は0.72%高の1ドル=9.2327クローネ。

トランプ氏のコロナ感染を巡る診断は、11月3日の米大統領選だけでなく、ドルの行方にもさらなる不透明感を投げ掛けている。

ラボバンクのシニアFXストラテジスト、ジェーン・フォーリー氏は、「米国の政治的不確実性がこれだけ高まっている中で、ドルをどう取引すべきかに関する明確なコンセンサスがない」と述べた。

トランプ氏はこの日、入院中の米軍医療施設を5日中に退院すると明らかにした。

今週は米連邦準備理事会(FRB)が7日に前回の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を、欧州中央銀行(ECB)も8日に前回理事会の議事要旨を公表する。

英ポンドGBP=は0.35%高の1.2976ドル。

ドル/円 NY終値 105.72/105.75

始値 105.64

高値 105.79

安値 105.55

ユーロ/ドル NY終値 1.1781/1.1785

始値 1.1751

高値 1.1797

安値 1.1748

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up