for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国債利回り上昇でドル高、ビットコイン初の5万ドル台乗せ=NY市場

[ニューヨーク 16日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では米国債利回りの上昇などを受け、ドルが3週間ぶり安値から回復した。また、暗号資産(仮想通貨)ビットコインは初めて5万ドル台に乗せた。

 ニューヨーク外為市場では米国債利回りの上昇などを受け、ドルが3週間ぶり安値から回復した。写真は2013年5月、ミャンマー・ヤンゴンの両替所で撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

この日の取引で米10年債利回りが新型コロナウイルス感染拡大前の2020年2月以来の水準に上昇。景気を巡る楽観的な見方でリフレーショントレードが加速する中、一段のドル押し上げ要因となった。

ニューヨーク連銀が朝方発表した2月の同州製造業業況指数は12.1と、前月の3.5から上昇。セントルイス地区連銀のブラード総裁はCNBCのインタビューに対し、米金融情勢は現時点で「全般的に良好」との認識を示し、経済成長は中国を上回る可能性があるとの見方を示すなど、楽観的な見方が広がっている。

スコシアバンク(トロント)のチーフ外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「国債利回りの上昇がドル支援要因になっている」と指摘。ただ「利回り上昇はインフレ高進を伴うとの認識も広がっている」とし、「きょうの動きが全般的なトレンドを示しているかは不明だ。ドルはこの先、軟化する可能性がある」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数は一時90.117と、1月26日以来の低水準を付けたが、その後切り返し、終盤の取引では0.21%上昇の90.508。

ビットコインの上昇について、オズボーン氏は「大企業が投資する中、正当性が高まってはいるが、現時点ではまだ投機的な動きのようにみえる」とし、懐疑的な見方を示した。

ユーロは対ドルで当初の上げから反転し、取引終盤は0.1%安。

ドルは安全通貨と見なされる円に対しても上昇。円は対ドルで200日移動平均を下回ったほか、ユーロ、豪ドル、スイスフランに対しても下落した。

リスク選好度に敏感に反応する豪ドルは対ドルで1カ月ぶり高値、ニュージーランドドルは5週間ぶり高値を更新。原油高を受け、カナダドルとノルウェークローネも一時上昇した。

ドル/円 NY終値 106.04/106.05

始値 105.38

高値 106.06

安値 105.35

ユーロ/ドル NY終値 1.2104/1.2108

始値 1.2163

高値 1.2169

安値 1.2096

表はリフィニティブデータに基づいています

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up