for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY外為市場=円下落、麻生財務相の「介入用意」発言受け

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、円が対ドルで下落した。麻生太郎財務相が9日、必要なら為替介入する用意があると発言したことが影響した。リスク選好ムードが幾分上向いて安全資産とされる円の需要が弱まった面もあり、一時2週間ぶりの円安/ドル高水準となった。

 5月9日、終盤のニューヨーク外為市場では、円が対ドルで下落した。麻生太郎財務相が同日、必要なら為替介入する用意があると発言したことが影響した。写真はドル/円相場の動きを示すボード。都内の証券会社で4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

終盤のドル/円JPY=は1.2%高の108.42円。一時は4月28日以来の高値に上昇した。

ドル/円は先週、18カ月ぶりの安値となる105.52円まで売り込まれ、過去半年間の下落率が約15%となった。このため、日本政府からは急激な円高をけん制する発言が相次いだ。安倍晋三首相は先週、「市場の動向を注意深く見て、必要に応じて対応したい」と述べ、この日も麻生財務相が介入に言及した。

ただ投資家の間では、介入のハードルはなお高く、こうした当局の動きは単なる口先介入にすぎないとの見方が多い。

TDセキュリティーズ(ニューヨーク)のシニアFXストラテジスト、メイゼン・イッサ氏は「日本は1カ月にわたって口先でドルを押し上げようとしているが、(円高の)流れを止められていない。どちらかと言えば、当局は事態を注視しながらも、中身のない脅しをかけているように見える。口では威勢がよくても実際には大したことはできないだろう」と述べた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは、2週間ぶり高値の94.132を付ける場面があった。直近は0.3%高の94.115。

豪ドル/米ドルAUD=D4は、8日に発表された中国の4月貿易統計が予想より低調だったことで、一時2カ月超ぶりの安値となる0.7310米ドルに下落した。終盤は0.7%安の0.7316米ドルだった。

ドル/円 NY終値 108.31/108.34

始値 108.00

高値 108.60

安値 108.01

ユーロ/ドル NY終値 1.1381/1.1385

始値 1.1389

高値 1.1413

安値 1.1376

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up