May 24, 2016 / 9:56 PM / 2 years ago

米早期利上げ観測でドル上昇、ユーロは10週ぶり安値=NY市場

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が強まってドルが上昇し、対ユーロで約10週間ぶりの高値を付けた。

 5月24日、終盤のニューヨーク外為市場では、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が強まってドルが上昇し、対ユーロで約10週間ぶりの高値を付けた。2月撮影(2016年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

先週公表された4月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、投資家の間ではFRBが6月か7月に利上げするとの見方が勢いを増した。さらに23日には複数のFRB高官が、6月の利上げはしっかり選択肢に入っているとの考えを示唆した。

終盤のユーロ/ドルEUR=は約0.7%安の1.1139ドルと3月16日以来の安値に下落。ドル/円JPY=は110.11円まで上昇した後、終盤は0.68%高の109.97円となった。ドル/スイスフランCHF=も10週間余りぶりの高値となる0.9937フランにを付け、主要6通貨に対するドル指数.DXYは約8週間ぶり高値の95.647だった。

デルテック・インターナショナル・グループのアトゥル・レレ最高投資責任者は「FRBの利上げを必ず阻むような材料は見当たらない。実際、経済指標は強くなりつつある」と指摘した。

レレ氏は、FRBは6月か7月に1回、12月にもう1回利上げすると予想。ユーロ/ドルは向こう1年で1.05ドルまで下がり、ドル/円は115円を超える可能性があるとの見通しを示した。

米商務省が24日発表した4月の新築1戸建て住宅販売は8年超ぶり高水準となり、住宅価格も過去最高を記録。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「絶好調の住宅販売でドル買いに弾みがついた」と述べた。

豪ドル/米ドルAUD=D4は直近が0.61%安の0.7180米ドル、欧州時間には3月上旬以来の安値となる0.7145米ドルまで売られた。オーストラリア準備銀行(中央銀行)のスティーブンス総裁の発言で、追加利下げ観測が一段と高まった。

ドル/円 NY終値 109.98/110.00

始値 109.60

高値 110.11

安値 109.60

ユーロ/ドル NY終値 1.1140/1.1142

始値 1.1181

高値 1.1185

安値 1.1133

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below