May 18, 2018 / 10:40 PM / 5 months ago

ドル一時急伸、イタリア懸念でユーロ軟調=NY市場

[ニューヨーク 18日 ロイター] - ニューヨーク外為市場はドルが一時急伸、イタリア政治を巡る不透明な状況を嫌気しユーロが弱含んだ。ドル指数は週間で1.2%値上がりし、5営業日連続で上昇した。2月半ば以降では5%上がった。インフレ抑制に向け、追加米利上げを予想する声が広がっている。

 5月18日、ニューヨーク外為市場はドルが一時急伸、イタリア政治を巡る不透明な状況を嫌気しユーロが弱含んだ。昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

スコシア銀行(トロント)の首席外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「ドル高は引き続き一時的問題とみている。過度のショートポジションのほか、欧州景気の勢いが鈍化して欧州中央銀行(ECB)が年内に量的緩和を縮小する姿勢を阻害しかねないとの懸念を映している」と話した。

ユーロは対ドルEUR=で5週間連続で下落。これは2015年以来。

終盤の取引で、ユーロはドルに対して5カ月ぶり安値の1.1753ドルに下落した。週間で約1.2%値下がりした。

一方、ドル指数.DXYは3月半ば以来の高値となる93.83まで上昇する場面があった。

ラボバンク(ロンドン)のFXストラテジスト、ピョートル・マティス氏は「ドル指数が向こう数週間で、次の重要な節目となる94.219と95.149を再び付けると考えるのは妥当だ」「これらの水準を突破すれば、上振れバイアスが強まるだろう」と話した。

ドルは対円で4カ月ぶり高値を更新したが、直近ではほぼ横ばい。米国債利回りUS10YT=RRが一段と上昇したことが全般的に下支えしている。

シティバンクのストラテジストは顧客リポートで、米財政赤字が来年1兆ドル強に拡大するとの見通しから、ドル高は長く続かないと予想。ドル指数は今後1年間に5%下落すると分析した。

来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)やECB理事会の議事要旨が公表される予定で、市場の注目を集めそうだ。

ドル/円 NY終値 110.74/110.77

始値 111.02

高値 111.07

安値 110.61

ユーロ/ドル NY終値 1.1775/1.1780

始値 1.1779

高値 1.1789

安値 1.1751

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below