June 4, 2018 / 10:19 PM / 20 days ago

ドル指数2週間ぶり安値、貿易摩擦巡る懸念で=NY市場

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、米中貿易摩擦を巡る懸念が再燃する中、主要6通貨に対するドル指数が2週間ぶり安値を更新した。一方、イタリア政局不安が解消されたことを受け、ユーロは上昇した。

 6月4日、終盤のニューヨーク外為市場では、米中貿易摩擦を巡る懸念が再燃する中、主要6通貨に対するドル指数が2週間ぶり安値を更新した。写真はドル紙幣、2016年10月撮影(2018年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

TDセキュリティーズのシニア為替ストラテジスト、メイゼン・イッサ氏は「欧州の政治劇が収束する中、ドル指数は95近辺でピークとなる公算が大きい」と述べた。さらに、エスカレートする貿易摩擦問題が今後数週間、ドルへの圧迫要因になるとの見通しを示した。

中国は週末、米国が関税やその他の貿易制裁を導入した場合、貿易や経済を巡る両国の合意は全て効力を失うとする声明を発表した。

終盤の取引でドル指数は0.2%低下の94.046。一時、2週間ぶりの水準となる93.664まで低下した。

BKアセット・マネジメントの為替戦略マネジング・ディレクター、キャシー・リエン氏は、ドルは勢いを失っているように見えるものの、利上げが見込まれる今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に上げに転じる可能性があるとの認識を示す。「利上げ見通しを変更させるような状況が起こらなければ、投資家はFOMCまでドルの保有を続けるだろう」と述べた。

ユーロ/ドルEUR=は0.3%高の1.1694ドル。イタリア新政権発足を受け安心感が広がる中、一時5月24日以来の高値となる1.1737ドルを付けた。

オーストラリア(豪)ドル/米ドルAUD=は1%高の0.7650米ドル。一時4月以来の高値を付け、1日の上昇としては前年8月以来の高さを記録した。リスク選好度の高まりや、オーストラリア経済指標が好調だったことなどが買いを誘った。

ドル/円 NY終値 109.80/109.83

始値 109.50

高値 109.85

安値 109.38

ユーロ/ドル NY終値 1.1698/1.1699

始値 1.1720

高値 1.1744

安値 1.1677

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below