August 28, 2018 / 9:42 PM / 3 months ago

ドル4週ぶり安値更新、米メキシコ合意でリスク選好改善=NY市場

[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場でドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。

 8月28日、ニューヨーク外為市場でドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

主要6通貨に対するドル指数.DXYは足元0.1%安の94.717。

米国とメキシコが合意したことで、焦点はカナダが新協定で譲歩するかどうかに移行した。ドルはカナダドルCAD=に対して0.2%安。対円JPY=では0.1%高の111.23円。

キャピタル・エコノミクス(ロンドン)の市場エコノミスト、オリバー・ジョーンズ氏は「米国に交渉する用意や譲歩の姿勢が見られることで、中国や欧州は歓迎するだろう」とする一方、新協定は「従来よりも保護主義的な内容」であることから注意も必要と述べた。

経済指標では、8月の米消費者信頼感指数が133.4と、市場予想の126.7を上回り、2000年10月以来約18年ぶりの高水準を記録。ドル相場の下支えとなった。

また中国人民銀行(中央銀行)がこの日の人民元の対ドル基準値(中間値)CNY=PBOCを1年3カ月ぶりの大幅な元高水準に設定したことも、リスク選好の全体的な改善につながったという。

ユーロ/ドルEUR=は0.2%高の1.1694ドル。

ドル/円 NY終値 111.18/111.21

始値 111.07

高値 111.24

安値 110.96

ユーロ/ドル NY終値 1.1693/1.1697

始値 1.1698

高値 1.1733

安値 1.1691

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below