August 30, 2018 / 9:40 PM / 24 days ago

ドル上昇、新たな対中関税報道や新興国市場混乱で=NY市場

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。米国が来月に新たな対中関税を課すとの懸念が高まる中、リスク選好が後退し、株価が下落。新興国通貨が大きく下落したこともドル押し上げにつながった。

 8月30日、終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

ブルームバーグは30日、トランプ米大統領が来週のパブリックコメント期間終了後、2000億ドル規模の中国製品に追加関税を発動させる意向だと報じた。ロイターはこの報道の真偽を確認していない。

この報道を受け、オフショア人民元CNH=とオーストラリアドルAUD=が対米ドルで約1週間ぶりの水準に下落した。

一方で、ドルも安全資産とされる円JPY=に対して下落。終盤は0.6%安の111.05円。

テンパスコンサルティングのシニア外為トレーダー、フアン・ペレス氏は「ドルは貿易摩擦のニュースから恩恵を受けたのは確かだが、最終的に市場が注目しているのは、米経済の堅調なファンダメンタルズだ」と述べた。

午後の取引で、ドル指数.DXYは0.2%高の94.738。

北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉はこの日、カナダと米国の3日目の協議が行われた。両国は週内合意に向けて話し合いを続けており、これまでの進展について楽観的な見方を示している。

カナダドルCADUSD=Rは、28日に付けた2カ月半ぶりの高値から押し戻され、0.6%安の76.96米ドル。

この日発表された7月の米個人消費支出は前月比0.4%増となり、ドルを下支えた。

一方、新興国通貨ではアルゼンチンペソARS=RASLが対ドルで急落。一時は約15.6%下落して最安値を更新した。アルゼンチン中央銀行はこの日、主要政策金利を45%から60%に引き上げ。31%を超えるインフレ率を制御すると同時に、自国通貨の一段の下落を食い止めたい考えだが、ペソ安には歯止めがかかっていない。

このほか、メキシコペソMXN=が0.7%安、南アフリカランドZAR=は1.3%下落した。

ドル/円 NY終値 110.96/111.01

始値 111.56

高値 111.58

安値 110.96

ユーロ/ドル NY終値 1.1670/1.1673

始値 1.1697

高値 1.1699

安値 1.1642

表はロイターデータに基づいています

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below