September 27, 2018 / 10:22 PM / 2 months ago

ドル上昇、FRBの追加利上げ見通しで=NY市場

 9月27日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して1週間超ぶりの水準に上昇した。FRBのパウエル議長、26日撮影(2018年 ロイター/Al Drago)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して1週間超ぶりの水準に上昇した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日示した来年以降の追加利上げ見通しが背景。ユーロはイタリア予算を巡る懸念で弱含んだ。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は26日、今年3回目の利上げを決定し、今後の利上げ見通しについて12月にあと1回、2019年は3回、20年は1回との見通しを示した。

ウエルズ・ファーゴの外為ストラテジスト、エリック・ネルソン氏は「FRBが『緩和的』という文言を声明で削除し、中立姿勢に近付いていると言われているが、これはやがて対ドルでの海外通貨のサポート要因になると考えている」と指摘。ただ、その段階に達しているかは不明だとした。

午後の取引で、ドル指数.DXYは0.7%高の94.875。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニアマーケットアナリスト、ジョー・マニンボ氏はFRBの引き締めバイアスがドル支援になるとしても、今後数年にわたり物価が緩やかで安定的だとするFRB見通しがドル上昇を抑制するとみる。

ユーロEUR=は0.7%安の1.1653ドル。一時は19日以来の安値となる1.1643ドルを付けた。イタリア首相府関係筋は、イタリア連立政権が来年度の予算案を巡り、財政赤字の対国内総生産(GDP)比率を2.4%とすることで合意したと明らかにした。

ドルは対スイスフランCHF=で4週間ぶりの高値の0.9782フランに上昇し、その後1.2%高の0.9770フランで推移。対カナダドルCAD=では2週間ぶり高値の1.3081カナダドルを付けたものの、その後は上げ幅を縮小した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below