January 8, 2019 / 9:35 PM / 15 days ago

ユーロ下落、欧州景気後退リスクに警戒=NY市場

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが下落しドルが上昇した。ユーロ圏の鈍化を示す指標を受け、域内景気の後退リスクに注目が集まった。

ユーロは対ドルEUR=で0.3%安の1.1441ドル。ユーロ安を追い風に主要6通貨バスケットに対するドル指数.DXYは0.3%高の95.908となった。

昨年11月のドイツ鉱工業生産指数が、上昇予想に反して3カ月連続で低下し、経済鈍化懸念を浮き彫りにした[nL3N1Z82DV]。

ドルはこの日持ち直したものの、見通しはなおさえない。

ドル指数は昨年12月半ば以降で2%程度下落しており、前日に付けた約3カ月ぶりの安値(95.638)近辺にとどまっている。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は4日、利上げは既定路線でなく、市場が織り込む下振れリスクに対してFRBは敏感との認識を示した[nL3N1Z43Y9]。

アナリストらは、追加利上げ中止見通しがドルを圧迫し続ける公算が大きいと指摘。

TD証券の北米外為戦略部門責任者は、総じてドルに弱気の見方に傾き、「FRBが(利上げの)最終段階に近づき、米景気支援策の一時的効果が薄れる中、米国外の財政支援拡大見通しに伴い、今年は(各国間の)成長格差が縮小するとの見方が強まるだろう」と予想した。

ドルは対円JPY=で小動きの108.63円。

英ポンドは対ドルGBP=D3で0.5%安の1.2716ドル。トレーダーらは向こう数週間にわたって、相場が変動しやすい状況が続くとみている。メイ英首相は来週、欧州連合(EU)離脱協定案について議会の支持を得る必要があり、承認されなければ無秩序離脱に陥るリスクも指摘される。

ドル/円 NY午後4時 108.76/108.77

始値 108.71

高値 108.95

安値 108.45

ユーロ/ドル NY午後4時 1.1438/1.1442

始値 1.1464

高値 1.1468

安値 1.1422

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below