March 20, 2019 / 9:26 PM / 3 months ago

ドル下落、米FOMCのハト派姿勢受け=NY市場

[ニューヨーク 20日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、この日まで開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利が据え置かれたほか、年内の利上げを見送る見通しが示されたことを受け、ドルが主要通貨に対し大幅に下落した。

またFOMCメンバーの政策金利見通し分布(ドット・チャート)では2021年にかけて1回の利上げが実施されるとの見通しなどが示された。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.6%安の95.806と、2月4日以来の安値。一時は200日移動平均線を下回った。

対円JPY=でも0.6%下落し、1日としては2カ月ぶりの下落率となる勢い。

マニュライフ・アセット・マネジメントのシニア投資アナリスト、チャック・トームズ氏は、利上げが年内ゼロ、来年1回という見通しを受け「FRBは総じてハト派的な見解で一致できたようだ」とし、「市場はハト派的内容を予想していたが、想定を超えるハト派だった」と述べた。

FOMCではこのほか、バランスシート縮小について5月からペースを減速することも表明。具体的には、保有国債の毎月の縮小ぺースを最大300億ドルから最大150億ドルに半減させる。

TDセキュリティーズの金利ストラテジスト、ジェナディ・ゴールドバーグ氏は「バランスシート縮小の終了時期を明示したことも、かなりハト派的だった」と語った。

FOMCを受けて、金利先物市場で2020年初めの利下げ予想が強まった。CMEグループのフェドウォッチによると、市場が織り込む来年最初の会合での利下げ予想確率は48%と、前日の32%から上昇した。

ドルは対ポンドGBP=では上昇。メイ英首相がこの日、欧州連合(EU)離脱期日を6月30日まで3カ月延期するようEU側に要請したが、投資家は引き続き見通しを懸念している。

ドル/円 NY終値 110.68/110.71

始値 111.50

高値 111.54

安値 110.54

ユーロ/ドル NY終値 1.1411/1.1416

始値 1.1350

高値 1.1448

安値 1.1347

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below