April 15, 2019 / 7:50 PM / 3 months ago

ドル横ばい、ユーロ圏景気改善見極めへ指標に注目=NY市場

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロ圏経済の改善を見極めようと18日に発表される製造業関連指標に注目が集まる中、ドルは対ユーロでほぼ横ばいで推移した。

TD証券(ニューヨーク)のシニア外為ストラテジスト、マゼン・イッサ氏は「ユーロ圏経済の減速は緩和しつつあり、最悪期を脱したことを示す具体的な指標が待ち望まれている」と述べた。

欧州の経済指標が改善すれば、リスク選好度が押し上げられ、株価が上昇する可能性がある。市場では利回りを追求する動きが出ていることから、こうしたことはドル相場にはマイナスの影響を及ぼす可能性があるとの見方も出ている。

前週12日に発表された中国の経済指標では、3月の貿易統計でドル建て輸出が前年同月比14.2%増と市場予想を上回ったほか、3月の新規人民元建て融資が1兆6900億元(2515億9000万ドル)と前月から急増し、予想を大幅に上回った。これらもリスク選好度の上昇につながっている。

市場は米中通商協議の行方にも注目。合意が得られれば世界的な経済成長に対する向かい風が弱まるとの観測の中、ムニューシン米財務長官は13日、米中合意が中国市場の開放を目指した過去の取り組みを「はるかに超える」ものになるとし、協議が「最終ラウンドに近い」と期待していると発言。この日は米中通商協議は大きく進展しているとの認識を示した。

ドル/円 NY終値 112.03/112.04

始値 111.93

高値 112.07

安値 111.94

ユーロ/ドル NY終値 1.1307/1.1312

始値 1.1309

高値 1.1318

安値 1.1298

*表を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below