April 29, 2019 / 9:45 PM / 24 days ago

ドル指数下落、FOMCや雇用統計待ち=NY市場

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対して下落。日本がゴールデンウィークで10連休となる中、大半の主要通貨が狭いレンジでの取引となった。連邦公開市場委員会(FOMC)や雇用統計などを控え、様子見ムードが根強かった。

中国でも5月1日から労働節(メーデー)連休に入る。

マニュライフAM(ボストン)のアソシエート・ポートフォリオマネジャー、チャック・トムズ氏は「今週は週の後半に世界各国で経済指標の発表が相次ぐ。したがって投資家らは様子見だ」と述べた。

週末に発表される4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が18万5000人増加すると予想される。失業率は3.8%の見込み。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.14%安の97.865。前週は98.330と2017年5月以来の高値を付けていた。

ユーロ/ドルEUR=は0.33%高の1.1185ドル。ドル/円JPY=は0.19%高の111.72円。

3月の個人消費支出は前月比0.9%増と、9年半ぶりの大幅な伸びを記録。一方、物価は対照的に約1年ぶりの小幅な伸びにとどまるなど、落ち着いた動きとなった。

1日には米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表される。

商品先物取引委員会(CFTC)が前週末発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組は、ドルのロング(買い持ち)額が372億1000万ドルと2015年12月以来の高水準を記録した。

ドル/円 NY終値 111.63/111.66

始値 111.73

高値 111.89

安値 111.64

ユーロ/ドル NY終値 1.1185/1.1187

始値 1.1151

高値 1.1190

安値 1.1146

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below