May 6, 2019 / 9:09 PM / 16 days ago

ドル/円が5週間ぶり安値、米中通商協議に懸念=NY市場

[ニューヨーク 6日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではドルが対円で5週間ぶりの安値を付けたほか、他の主要通貨に対しても下落した。トランプ米大統領が前日に2000億ドル相当の中国製品に対する関税を25%に引き上げる方針を表明したことを受け、米中通商協議が頓挫するとの懸念が出ている。ただ、この日は英国と日本の金融市場が休場だったため商いは薄かった。

 5月6日、ニューヨーク外為市場ではドルが対円で5週間ぶりの安値を付けたほか、他の主要通貨に対しても下落した。バージニア州アーリントンで昨年11月撮影(2019年 ロイター/Yuri Gripas)

トランプ大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%から25%に引き上げ、現在関税を課していない3250億ドル相当の中国製品についても「近く」25%の関税を発動する考えを表明。ツイッターに「中国との通商協議は継続しているが、遅すぎる。中国側は再交渉しようとしている。ノーだ」と投稿した。これに続きこの日は、米国は中国との貿易で数十億ドルの損失を被っているとして、中国の貿易慣行を改めて批判した。

TD証券(トロント)の北米外為戦略部門責任者、マーク・マコーミック氏は「週末に出てきたニュースは、地政学的な時限爆弾がまだ埋まっていることを改めて認識させるものだった」と指摘。ただトランプ氏のこうした態度は「合意を得るための交渉加速化」を狙った可能性もあるとの見方も示した。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数.DXYは97.527と、ほぼ横ばい。

ドル/円は一時110.29円と、5週間ぶりの安値を更新。その後は0.2%安の110.88円となっている。円は地政学リスクが高まった時などに買われる傾向がある。

中国人民元CNH=D3は約1%下落し、1ドル=6.80元近辺と、年初来安値に迫った。中国経済に連動して動く傾向のある豪ドルAUD=D3とニュージーランド(NZ)ドルNZD=D3も下落した。

英ポンドは対ドルで0.6%安の1.3101ドル。メイ首相が協議の内容をリークしたと野党が批判したことが売り材料となった。

ドル/円 NY終値 110.76/110.79

始値 110.77

高値 110.95

安値 110.76

ユーロ/ドル NY終値 1.1197/1.1202

始値 1.1197

高値 1.1209

安値 1.1180

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below