May 27, 2019 / 8:52 PM / a month ago

ユーロ小幅安、欧州議会選受け一時上昇=欧州市場

[ロンドン 27日 ロイター] - 欧州外為市場ではユーロが小幅安。欧州議会選で欧州連合(EU)懐疑派の勢力拡大が限定的だったことで投資家の安心感につながり、ユーロは一時的に買われた。一方で、2大会派の議席数減少が重しになった。

欧州議会が1305GMT(日本時間午後10時5分)時点で公表した暫定集計結果によると、大連立を組む欧州人民党(EPP)と欧州社会・進歩連盟(S&D)の中道勢力が過半数を下回った。一方で、リベラル会派と緑の党が議席数を延ばし、EUの強化を訴える勢力が3分の2の議席を堅持した。

議会選の結果を受け、ユーロEUR=EBSは一時1.1215ドルに上昇。ただ、その後は0.1%安の1.1197ドルで推移。英米市場の休場を受け、薄商いとなっている。

ダンスケ銀行の外為アナリスト、クリスティン・トゥクセン氏は「どちらかといえば、ポピュリスト政党の議席数がこれまでほど伸びなかったことがポジティブだった」と述べた。

ユーロは対スイスフランEURCHF=EBSで上昇を維持。一時約0.3%高となった。

トゥクセン氏は欧州議会選が今年の重要な欧州政治イベントの一つだったとした上で、一般的には政治イベントに対する世界市場の関心は限定的で、経済モメンタムに鈍化の兆しがあることから金融政策が依然として重要と指摘。実際の為替市場は景気循環の見通し悪化に対する米連邦準備理事会(FRB)の対応があるかを見守っている状態にあり、年内の米利下げ期待は高まっているとの見方を示した。

ドル指数.DXYは0.1%高の97.750。

対円JPY=では0.2%高の109.55円近辺。本邦勢による押し目買いが優勢だった。

ポンドGBP=D3は序盤は上昇していたが、次第に上げ幅を縮め、一時1.2673ドルまで下落した。

ACLSグローバルのアナリスト、マーシャル・ギットラー氏は、オプション市場のデータでポンドのプット(売る権利)購入の動きが見られるほか、ポンドのショートポジションが急増していることから、「ポンドに対するセンチメントは依然弱気」と述べた。

中国国内スポット市場の人民元CNY=CFXSとオフショア人民元CNH=EBSは1週間半ぶりの高値に浮上。中国当局が投機筋による元売りを容認しない意向を示した。

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤 コード

ユーロ/ドル    1.1191 1.1195 EUR=

ドル/円 109.53 109.56 JPY=

ユーロ/円 122.58 122.67 EURJPY=

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below