August 30, 2019 / 9:05 PM / 22 days ago

ユーロ1.10ドル割れ、2年ぶり安値 月末要因影響か=NY市場

[ニューヨーク 30日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで下落し1.10ドルを割り込み、2017年5月以来の安値を付けた。月末を迎えたことなどが売り要因になったとみられる。

スコシア・キャピタルの主任外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「月末に絡むとみられる売りが出て、ユーロは50ポイント強値下がりした。ユーロはこのところ軟調地合いが続いており、月初以降これまでにも1.10ドルを割り込んでいる」と語った。

こうした中、トランプ米大統領は、ユーロが対ドルで下落しているにもかかわらず、連邦準備理事会(FRB)は対応していないと批判。この発言直後にユーロ売りが始まったという。

ユーロ/ドルEUR=は0.7%安の1.0976ドル。

ユーロ圏のさえない指標を受け、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で利下げを行い、同時に新たな量的緩和(QE)策を打ち出すという期待が高まっている。ECBの次期総裁に指名されたクリスティーヌ・ラガルド氏は、金融安定リスクが伴うものの、必要であればECBには利下げする余地があるという認識を示した。

前出のオズボーン氏は9月の理事会の見通しについて「少なくとも利下げはあると思うが、新たなQEは時期尚早かもしれない」とした。

オフショア人民元CNH= CNH=D3は0.28%安の7.163元。月間では3.69%安と、1994年以来25年ぶりの大幅な値下がりとなる勢い。

主要6通貨に対するドル指数.DXYはこの日0.38%高の98.884。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below