Reuters logo
NY外為市場=ドル指数上昇、欧米金融政策見通しのかい離を再認識
2017年11月7日 / 21:33 / 14日前

NY外為市場=ドル指数上昇、欧米金融政策見通しのかい離を再認識

    [ニューヨーク 7日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午後       113.93/113.96
                4時  
               始値              114.13
               高値              114.29
               安値              113.83
 ユーロ/ドル NY       1.1588/1.1592
               終値  
               始値              1.1568
               高値              1.1592
               安値              1.1559
    
    ニューヨーク外為市場ではドルが主要6通貨バスケットに対し小幅上昇。欧米の金融
政策格差が再認識される中、ドルへの買い戻しが入った。
    終盤の取引でドル指数は0.17%上昇し94.921。前月終盤につけた3
カ月ぶり高水準に迫った。
    ユーロ/ドルは0.2%安の1.1586ドル。一時、7月20日以来の安値
となる1.1555ドルをつける場面もあった。
    コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジの首席市場アナリスト、オマー・エジ
ナー氏は「米連邦準備理事会(FRB)と他の主要中銀の金融政策見通しのかい離が再び
意識されている」と指摘。直近の欧州中央銀行(ECB)理事会の結果を踏まえ、FRB
が他の主要中銀よりも速いペースで政策の正常化を進めるとの見方が再び焦点となってい
るとの認識を示した。
    今週は主要米経済指標の発表に乏しい半面、来週にはインフレ指標や小売売上高統計
の発表を控えていることから、今週は比較的薄商いとなっていることも指摘された。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below