May 14, 2018 / 7:40 PM / 10 days ago

NY外為市場=ドル小幅高、市場はドル高の勢い継続見極め

    [ニューヨーク 14日 ロイター] - 
 ドル/円 NY午後3時     109.65/109.68
                  始値            109.49
                  高値            109.66
                  安値            109.42
  ユーロ/ドル NY午     1.1941/1.1945
                 後3時  
                  始値            1.1982
                  高値            1.1996
                  安値            1.1936
 
    ニューヨーク外為市場では、ドルが序盤の下落分を消してプラス圏に浮上した。ドル
は先週4カ月超ぶりの高値を付けたが、投資家はこのドル高相場の勢いが失速したかどう
か判断しようとしている。
    米国債利回りの上昇を受けて米国と他国の金利差が際立つ中、ドルはこのところ上昇
。ただ、先週発表された4月の米消費者物価指数(CPI)が軟調だったことで、米連邦
準備理事会(FRB)の利上げが今年4回になるとの期待が後退した。
    TD証券(トロント)の北米FX戦略部長、マーク・マコーミック氏は、ドル高の勢
いがやや陰り始めつつあるとした上で、「市場は現時点で、ドルがさらに上昇するかどう
か見極めようとしている」と述べた。
    ドル指数は一時、今月2日以来の水準である92.243に下落。その後、0
.09%高となる92.619に持ち直した。
    ユーロは上昇。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総
裁が利上げ開始時期について、ECBが新たなガイダンスを示す可能性があると述べたこ
とを受けた。
    モルガン・スタンレーの通貨戦略責任者、ハンス・レデカー氏は「双子の赤字は借り
入れコストが増えることで民間投資を縮小させ、起こる公算は低いものの大幅な生産性向
上がなければ、ドル高継続の可能性も低い」と顧客リポートで指摘した。
    市場が注目する今週のイベントは、FRBやECB当局者の講演のほか、15日発表
のドイツGDP速報値など。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below