May 28, 2018 / 5:18 PM / 7 months ago

欧州外為市場=イタリア懸念でユーロ軟調、ドル指数は6カ月ぶり高水準

    [ロンドン 28日 ロイター] -       
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード
                                                  盤  
 ユーロ/ドル                1.1628        1.1695        
 ドル/円                       109.36        109.44            
 ユーロ/円                     127.17        127.99            
    
    欧州外為市場では、イタリアのマッタレッラ大統領が国際通貨基金(IMF)元高官
のカルロ・コッタレッリ氏を暫定首相に指名し、再選挙を実施に向け準備を進めるよう要
請したことを受け、ユーロは当初上昇したが、その後下落に転じた。市場では再選挙の結
果、大衆迎合主義などを掲げる政党が勢力を一段と拡大させるのではないかとの懸念が出
ている。    
    ユーロはロンドン取引時間の朝方、約0.5%高の1.17285ドルを
付けたが、その後は下落に転じ、0.1%安の1.1647ドルとなった。
    イタリア再選挙が下半期に実施される公算が大きいとみられる中、市場では欧州中央
銀行(ECB)が債券買い入れプログラムを巡り難しい舵取りを迫られる可能性があると
の見方が出ている。        
    ノルデアのエコノミスト、ヤン・フォン・ゲリッチ氏は「イタリアを巡る懸念が市場
全体に波及し始めている」と指摘。ECBは一段と慎重な姿勢をとり、債券買い入れ策を
9月以降も延長する可能性があるとの見方を示した。
    スペインのラホイ首相に対する不信任決議案が6月1日に採決される見通しとなって
いることもユーロの重しとなっている。
    ユーロが軟調となる中、ドルは上昇。主要6通貨に対するドル指数は0.2%
上昇の94.34と、6カ月ぶりの高水準を付けた。     
    ドル/円はほぼ横ばいの109.42円。トランプ米大統領が27日、米
朝首脳会談の開催に向けて協議するため、米国の当局者らが北朝鮮に到着したとツイッタ
ーで明らかにしたことを受け、リスク回避の動きが収束した。
    この日はロンドン市場がバンクホリデーのため、ニューヨーク市場がメモリアルデー
のため休場となっていることで商いは薄かった。
    

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below