September 13, 2018 / 8:30 PM / 2 months ago

NY外為市場=ドル下落、予想下回るCPIで トルコ利上げでリラ急反発

    [ニューヨーク 13日 ロイター] - 
  ドル/円 NY午  111.98/111.99
             後4時  
              始値         111.50
              高値         111.99
              安値         111.38
  ユーロ/ドル N  1.1687/1.1691
         Y午後4時  
              始値         1.1619
              高値         1.1701
              安値         1.1615
    
    ニューヨーク外為市場では、ドル指数が低下し約1カ月半ぶりの安値を付けた。消費
者物価指数(CPI)の伸びが予想を下回ったことが影響した。
    8月のCPIは総合指数が前月比0.2%上昇し、伸びは市場予想の0.3%を下回
った。ガソリンや家賃が値上がりする一方で、医療費や衣料が下げた。食品・エネルギー
を除くコア指数の伸びは前年同月比2.2%で、前月の2.4%から鈍化した。
    シリコンバレー銀のピーター・グー氏は「米中通商協議を巡る期待から、安全資産と
してのドル買いはすでに後退していたが、この日のCPIでドル売り圧力が増した」と述
べた。
    こうした中、市場では今月下旬に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)での利上
げが確実視されているほか、12月利上げも織り込まれている。
    主要6通貨に対するドル指数は弱気シグナルと見られる100日移動平均線割
れとなった。足元では0.26%安の94.551。
    ドルはユーロやポンドに対して4日続落。ブレグジット(英国の欧州連合離脱)を巡
る期待が引き続き影響した。欧州中央銀行(ECB)と英中銀はこの日、ともに金利を据
え置いた。
    トルコリラは対ドルで約4%急上昇し、66.0921リラを付けた。
トルコ中銀はこの日、政策金利である1週間物レポレートを6.25%ポイ
ント引き上げ24%にするとともに「必要なら一段の金融引き締めを行う」と表明した。

    
 (表はロイターデータに基づいています)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below